クレンジングの選び方

化粧を落とすときは必ずクレンジングをして化粧を落とします。
色々なタイプがあるので自分の肌質にあったのを選ぶようにします。
化粧が落ちればどれでもいいと思って使っていると肌が荒れたり、吹き出物が増えたりトラブルが起こります。タイプの別に特徴を理解したうえで選ぶと肌トラブルを抑えることができます。クレンジングには、クリームタイプ、オイルタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプがあります。

クリームタイプは乾燥肌の人にむいています。

クリーム状なので肌との摩擦が少なく、汚れを落としてくれます。



汚れはオイルより劣り、ベタつきが気になりますが、マッサージをしながら落とすこともできるので一石二鳥です。
オイルタイプやジェルタイプやリキッドタイプは脂性肌の人にむいています。

最近話題のクレンジングゲルサイトで情報を入手してみて下さい。

脂性肌にオイルタイプと思ってしまいますが、クレンジングは時間をかけずに短時間で汚れを落とすことが前提です。
その為、素早く落とすオイルタイプなら脂性肌の人でも使うことができます。敏感肌の人には、ミルクタイプがむいています。
ミルクタイプは、肌の負担が掛かりにくく乾燥もしにくいので肌を傷つけることなく使うことができます。
しかしメイクを落とす力は弱く、油分と馴染むまで時間がかかります。

お手軽な教えて!gooにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

その為、マスカラなどのポイントメイクは落とすこときないのがデメリットです。肌にあったものを使うのが一番ですが、しっかりメイクをした時などは洗浄効果の高いクレンジングで落とすこともあるので肌の様子を見ながら使い分けることが大切です。